法名

法名とは、仏法に帰依した人に授与される名前です。「仏の教えをもって人生を生き抜いていく」という自覚の証として付けられる名前。

帰敬式、おかみそり

一般在家(私たち)が浄土真宗に帰依したことの証としておこなわれる儀式です。法名は不幸があってから付けられる名前だと思っている人もいるようですが、それは間違いです。ですが法名をいただいていない故人様は納棺前やご葬儀前に儀式が執り行われることがあります。

浄土真宗では戒名とはいいません。法名もしくは院号です。

戒名とは自力修行を目指して、戒律を受ける人のために付けられるものでその他の宗旨で戴けるものです。

法名板

浄土真宗は位牌ではありません。ご葬儀で使われる、法名の書いてある白木の板は法名板と呼びます。位牌といいますと、お寺様に注意されることがあります。

法名板は七七日、満中陰まで用います。納骨後、法名板は不要になります。法名板の代わりに用いられるのが法名軸という掛け軸式のもので、お内仏、仏壇の側面にかけます。もしくは過去帳にして、仏壇、お内仏の中段または下段の横に置きます。法名はご本尊と並べたり、ご本尊の前に置いたりしてはいけない、とされています。

浄土真宗、お棺には棺書、棺文

納棺のさいに、ご住職が棺の中に入れる書き物のことを棺書、棺文といいます。南無阿弥陀仏の六字名号か帰命尽十方無碍光如来の十字名号が書かれています。棺のふたの内側に直接書かれるご住職もおられます。礼拝の対象が故人や法名ではなく阿弥陀如来であるからです。棺書、棺文があることで、私たちの想いや感謝の気持ちを込めた合掌礼拝が宗旨の考えと合致するのだと思います。

 

 

 

2020年04月01日